今までにない就職活動に

現在、大学4年生は、内々定をもらうために動いています。連休中もWeb面接に臨んでいた、学生も多いかと。今年は、企業側も試行錯誤して選考を進めている感じです。ただ、学生は、説明会が無くなり、いきなり面接にどうすればいいのか?と悩む人も。そもそも、志望している企業の事はしっかり調べて欲しいもの。志望理由も、説明会に出てから考えようとしていた人にとっては、何を言うのか迷うと言う。

そもそも、何でそこにエントリーしようと思ったのか、何故興味があるのかは、説明会がなくても分かるよね?その辺りの詰めの甘さが合否を分ける。中には、連休前に本社へ面接に行き、第一志望だったけど、1週間経っても連絡ないので諦めていたら、連休中に内々定のお知らせが来た!本当は喜びたいけど、連絡来なかったので、他も見ていたら、そっちも良いと思って…と悩み始めている。

就職活動、スタートが遅くなった学生には、非常に厳しい状況。ANAも2021年の採用を一旦止めましたし(2020年に入社予定の方もまだ、自宅待機だったり)

オンラインの面接では、ご自宅で受ける為、パソコンの位置にも注意です。壁は白い方が良いですし、物が見えないようにセットして、視線は、カメラで・・・。どうしても画面越しの担当者を見ると、目線が下になってしまうので、練習時もそこは意識!

今までには、ない就職活動スタイルだが、電車遅延の影響もないし、これからは増えていくかも知れません。そして、地方の学生にとっては、不利と追われてましたが、オンラインにより、地方でも格差なく受けられるところが、いいと思います。

来月以降は、高校生の就職活動がすこしずつ動き始めます。高校生は、製造系や接客系が多いため、コロナウイルスの影響をどこまで受けているかが心配ですが、高校生は、恐らくweb面接にはならないと思います。なったとしても、学校のパソコンで受けるなどの措置が必要になってくると思います。

そうなると、入社してからのマナーはより必要になってきますね!

webだからこそ、PREP法が益々大切!ダラダラ話すのNG!